青カーディガン、と聞くとどんなイメージがありますか?カーディガンは便利だけど、普段のレディースコーデに青い色は抵抗ある・・という方も少なくないと思います。また、青というと夏っぽい印象もありますが、青の色みによっては、実は様々な季節に使えます♪

春はブルー系の花柄スカートに合わせたり、夏はマリンテイストに効かせたり、秋は濃いめを選んでニュアンスカラーの差し色にしたり、冬はブラックと合わせてシックに・・。

今回は、オールマイティーに使える青カーディガンのレディースコーデと、おすすめの青カーディガンをご紹介して行きます!

スポンサーリンク


青カーディガンのおすすめレディースコーデを紹介!

ここからは、実際のコーディネートを見ながら、合わせ方のコツをつかんでいきましょう。青インパクトの出る色なので、アクセ的に差し色として使うのもお洒落です。ナチュラルからガーリーまで、実は様々なテイストにマッチする、青カーディガンのレディースコーデをたくさんご紹介していきます♪

 

青カーディガン×柄スカート×スニーカーのスポーツミックスコーデ

1.青カーディガン×柄スカート×スニーカーのスポーツミックスコーデ
出典:http://wear.jp/

インパクトカラーアイテムを取り入れた一番基本的なレディースコーデ。鮮やかな色で華やかな青カーディガンが浮かないように、ボトムでも同色を使うのがルール♪ブルーグラデの花柄スカートは、ひざ上のコクーンシルエットなので、フェミニンすぎずに元気な印象。柄ものの場合、花柄の一つの色をそのままトップスにリンクさせるのがおしゃれです。ニット帽とスニーカーでスポーティな要素を足せば、まわりのみんなを元気にしちゃうコーデの完成です!

 

青カーディガン×スウェット×ゆるパンツのボーイッシュコーデ

2.青カーディガン×スウェット×ゆるパンツのボーイッシュコーデ
出典:http://wear.jp/

同じくボトムと色をリンクさせた、青カーディガンのレディースコーデ。こちらはちょっと男の子っぽいアレンジです。青カーデはゆるく肩かけして、アクセのように使って。グレーのロゴスウェットとデニム素材のゆるパンツのボーイズライクな組み合わせですが、青のパキっとした鮮やかさが、ただゆるいだけの手抜きコーデに見せない工夫です。足元は同系色のスニーカーでまとまりよく。男女ともに好かれるカジュアルコーデで、BBQに行きたくなりますね。

 

青カーディガン×黒ワンピースのナチュラルコーデ

3.青カーディガン×黒ワンピースのナチュラルコーデ
出典:http://wear.jp/

ナチュラルの方に鮮やか色のカーデは抵抗あるかもしれませんが、うまくまとめたレディースコーデです。青カーディガンは、ストールのように肩からかけて。黒ワンピースは、ひざが隠れる上品なAラインシルエットで、大人の雰囲気。薄いグレーのレギンスと黒のサンダルで、全体をモノトーンにまとめています。柄が目立つバッグが、青カーデとうまくマッチしています。日除けにナチュラル素材のハットをかぶれば、夏のアート巡りにも最適なコーデ。

 

青カーディガン×白Tシャツ×ギンガムチェックスカートの大人カジュアルコーデ

4.青カーディガン×白Tシャツ×ギンガムチェックスカートの大人カジュアルコーデ
出典:http://wear.jp/

インパクトカラーの2色使いが技アリなレディースコーデ。青カーディガンは、ベーシックなデザインをシンプルに羽織って。白Tシャツとギンガムチェックスカートのワンツーコーデに奥行きをつけてくれます。中折れハットや白スニーカーを合わせるところはふつうのカジュアルコーデのテッパンですが、ここに鮮やかなグリーンのバッグを持ったのが今回のポイント☆青カーデとトーンが同じなので、アクセントになる色が2つあっても馴染みます。

 

青カーディガン×白フリルトップス×白パンツのきれいめコーデ

5.青カーディガン×白フリルトップス×白パンツのきれいめコーデ
出典:http://wear.jp/

青×白の清涼感あふれるレディースコーデ。青カーディガンのアクセント使い、こちらは、腰巻きバージョンです。白フリルトップスと白パンツのオールホワイトコーデは、それだけだと寸胴でメリハリのない着こなしに。腰にきれい色カーデを巻くだけで、華やかさを演出&くびれも作れて一石二鳥です。冷房が寒く感じたら羽織ることもできる優秀なスタイル。足元は黒のヒールサンダルでコーデを引き締めて。夏のドライブデートに最適なさわやかコーデです。

スポンサーリンク


青カーディガン×ネイビーオールインワンの同系色コーデ

6.青カーディガン×ネイビーオールインワンの同系色コーデ
出典:http://wear.jp/

ワントーンでまとめた、きちんとした場にもおすすめなレディースコーデ。濃いネイビー系のオールインワンは、ノースリ&ハイネックが印象的。肌見せを調整するために、青カーディガンを羽織ってバランスをとって。ネイビーと同系色なので、コーデに馴染みます。インパクト柄のクラッチでアクセントを加えたら、パンプスはシンプルで引き算を。大ぶりのビジューネックレスをつけたら、結婚式二次会などのパーティにも行けちゃう華やかなコーデの出来上がり。

 

青カーディガン×白トップス×黒ゆるパンツのボーイズライクコーデ

7.青カーディガン×白トップス×黒ゆるパンツのボーイズライクコーデ
出典:http://wear.jp/

モノトーンに青が映える、ボーイズライクなレディースコーデ。青カーディガンは鮮やかカラーを肩からかけて、ラフな印象に。腕の部分を結ばずにそのままかけたのもポイントです。ややハイネックの白トップスは、この秋も注目のデザイン。同じく流行りそうな、黒ゆるパンツのワイドシルエットとトップスのコンパクトさが今季らしいバランスです。つば広ハットは黒、スニーカーは白で、全体的に黒白を交互に取り入れたモード感あふれる着こなし。

 

青カーディガン×ボーダー×白ショートパンツの爽やかマリンコーデ

8.青カーディガン×ボーダー×白ショートパンツの爽やかマリンコーデ
出典:http://wear.jp/

青を効果的に使った、好感度高めなレディースコーデ。青カーディガンは、ペールトーンが優しい印象の一枚。青は一見カジュアルにころびがちですが、優しい色味が、女性らしさを加えてくれますね。夏らしさ満点の、ボーダーTシャツと白ショートパンツのさわやかな着こなしのポイントになってくれています。ハットやスニーカーなどこの夏定番の小物をちりばめつつ、遊び心のあるクラッチバッグを持って、ガーリーな印象のコーデです。

 

青カーディガン×ベージュロングスカートの大人ナチュラルコーデ

9.青カーディガン×ベージュロングスカートの大人ナチュラルコーデ
出典:http://wear.jp/

青カーディガンのボタンを全てとめて、プルオーバーのように着こなしたレディースコーデ。ややゆったりシルエットのカーデなら、プルオーバーとして一枚で着ても違和感ありませんね。前ボタンがいいアクセントになってくれています。ナチュラル派のテッパン、ベージュのロングスカートを合わせて、リラックスしたシルエットのコーデです。大きめショルダーバッグや白スニーカーとくつ下の組み合わせも、一日を過ごしやすくする工夫です。

 

青カーディガン×ボーダーワンピのナチュラルマリンコーデ

10.青カーディガン×ボーダーワンピのナチュラルマリンコーデ
出典:http://wear.jp/

ボーダーがメインのマリンなレディースコーデ。青カーディガンは、ストールがわりに肩からかけて、アクセントに。ターコイズのようなきれいなブルーが、マリンなモードを高めます。ボーダーワンピは、すとんとしたシルエットが素敵なシンプルなデザイン。白い小さな衿が、顔回りを明るく見せてくれます。ナチュラル素材のハットと、白いバレエシューズが、清涼感あるスタイリング。海に行ったり、旅行など歩き回る日にもおすすめです。

 

青カーディガン×デニムシャツ×カーキパンツの大人カジュアルコーデ

11.青カーディガン×デニムシャツ×カーキパンツの大人カジュアルコーデ
出典:http://wear.jp/

大人な雰囲気のレディースコーデ。青カーディガンは、着回しのきくシンプルなVネックを選んで。濃いめブルーのデニムシャツの上に羽織って、ブルー×ブルーのトップスのコーデに。同じトーンで揃えるとコーデに奥行きも出るし、お洒落な印象ですね。ボトムはカーキのパンツ。裾に向かってすぼまるテーパードシルエットは、リラックスした雰囲気にぴったりです。裾をロールアップして足首をみせたのがポイント。どんな小物も合うオールマイティーなコーデ。

スポンサーリンク


ディースにおすすめのデニムロングスカートをご紹介!

お気に入りのコーデは見つかりましたか?ここからは、おすすめの青カーディガンをご紹介します。シルエットが変わると結構印象も変わりますので、色々見比べてみてください♪デザインやシルエットが厳選された5枚なので、お気に入りの一枚を見つけてみてくださいね。

 

定番で着たおしたい青カーディガン

一番使いやすい、シンプルデザインの青カーディガン。ベーシックなVネックのデザインは、どんなコーデでも相性抜群です。適度な深さのVネックなので、ボタンを全部しめて着ても、インナーがきれいに出るのが嬉しい。長袖なので、肩かけや腰巻きの時も、長さが足りなくなるなんてこともありません。アクリル100%の薄手のニットなので、夏でも暑苦しくないし、扱いもしやすいのがポイントです。どんなトップスでも合う、絶妙の丈感。

 

ナチュラルコーデ派におすすめの青カーディガン

バックスタイルが素敵な印象の青カーディガン。前から見るとシンプルなクルーネックのカーディガンですが、後ろが重ね着風なのがポイント。白い配色生地で切り替えて、カーデとインナーを重ねているように見せています。丈は長めなので、ナチュラル派の方のゆったりめなコーデにピッタリ。麻混のカットソー素材を使っているので、さらりとした質感も◎です。ボタンは同色のちょっとデザインのあるタイプで、さりげなくこだわりのある一枚です。

 

フェミニンにもカジュアルにも◎な青カーディガン

オールマイティーに使いやすいシンプルな青カーディガン。長袖なので、長い期間使えます。着れない時期でも、肩かけなど、アクセ的に使えば着回し上手ですね。前をあけてさらっと羽織る時にはVネックがおすすめ。デザインが邪魔になることがなく、シンプルに着こなせます。腰にかかる丈なので、トップスともバランスがとりやすいですし、腰まわりのボリュームも隠せてお得です。鮮やかな青は、コーデの華やかなアクセントになるのでおすすめです。

 

秋口の肌寒いときにさらっと羽織れる青カーディガン

クルーネックデザインの青カーディガン。羽織ったり肩かけだけでなく、前ボタンを全部とめてプルオーバーとして着られるのも、クルーネックのデザインのうれしいところ。UV加工もしているので、年中使える一枚です。裾は少しAラインなので、裾にデザインのあるインナートップスでも大丈夫。さらりとシャリ感のある素材なので、べたつかず、着心地も◎です。青以外の鮮ややカラーも揃えてみてはいかがでしょうか??

 

プチプラだから何色も揃えたい◎青カーディガン

シンプルベーシックな青カーディガン。他の色も豊富で、プチプラだから、冒険色も買えちゃいます。形は一番使いやすいVネックのデザイン。長袖なので、着回しがきくのもうれしいポイント。透け感のある編地なので、夏でも涼しく着られます。ボタンは、デザインを邪魔しない同系色の作り。コンパクトにたためるので、旅行や、オフィスの置きカーデとしても使っていただけますね♪青カーデを初めて買う方は、まずはシンプルなデザインがおすすめです。


まとめ

青カーディガンのレディース着回しコーディネート講座、いかがでしたでしょうか?毎日使える便利なカーディガンだからこそ、たまには気分を変えて青を選んでみたくなった・・という方もいるのではないでしょうか。今回のカーディガンのように、シンプルベーシックなアイテムは色で遊んで、逆にデザインの凝ったものは基本色でそろえると、コーデがごちゃごちゃしないのでおすすめです。季節の変わりめは特にお洒落の気分も変え時です!まずは青カーデで着こなしをアップデートしましょう。

人気の記事