デニムといえば、その丈夫さなどからアメリカで労働者の作業着として爆発的に普及し、その後オシャレアイテムとしてレディースにも取り入れられるようになったのは多くの人の知るところですよね。ですが、デニム生地が「フランス生まれ」というのは、あまり知られていないのではないでしょうか?

さすがオシャレの本場にして、無駄な衣装を持つことを好まないフランス生まれの生地だけあって、男女問わず誰もが嫌みなく着こなせる上に色々なコーディネートを楽しめるというのも納得です。

そんなデニムをもっと楽しんでもらいたい! ということで、今回はデニムシャツのレディースコーデとおすすめのデニムシャツをご紹介しちゃいます♡

スポンサーリンク


デニムシャツのレディースコーデを紹介!

独特の質感で抜群の存在感を放ちつつ、他のアイテムの個性と絶妙に調和して邪魔をしないデニム。ジーンズとしてコーデに取り入れられることが多いですが、デニムシャツも是非ともスカートや異素材のパンツとのコーデを楽しんで欲しい逸品です。

 

デニムシャツ×クロップドパンツコーデ

1.デニムシャツ×クロップドパンツコーデ
出典:http://zozo.jp/

女性らしい曲線を意識したタイトなラインなのに、ユーズド感溢れる色味や大き目のステッチが肩の力を抜いてユッタリ気分にしてくれるデニムシャツのコーデ。デニムらしい質感とニットのような柔らかさが共存する独特の存在感が魅力のシャツに、大人っぽさを感じさせる黒のクロップドパンツを合わせて♪

ちょっとハードな爬虫類系のパンプスが辛さをプラス。髪をまとめて顔回りをスッキリとさせれば、キリッとしたCOOL&ビューティーなレディースコーデの完成です。

 

デニムシャツ×ショートパンツコーデ

2.デニムシャツ×ショートパンツコーデ
出典:http://zozo.jp/

オンスの軽いデニムシャツは夏のレディースコーデにぴったりの爽やかなアイテムです。“これぞ王道”といったデザインのデニムシャツは胸ポケットの位置が絶妙なものを選んでくださいね。

白のショートパンツにデニムシャツの裾をインしてヌードカラーのサンダルまとめたレディースコーデは、視線を引き上げて足を長く見せてくれる嬉しい効果も期待できちゃいます。

裾をしばってみたり、さまざまな楽しみ方のできる薄手のデニムシャツは、たくさん着まわして夏の定番アイテムにしちゃってくださいね。

 

デニムシャツ×ロングスカートコーデ

3.デニムシャツ×ロングスカートコーデ
出典:http://zozo.jp/

大人の女性ならば一着は押さえておきたいトレンドのドルマンスリーブを取り入れたデニムシャツ。甘さのある女性らしいシルエットと辛さのあるデニムの質感はベストマッチ!

たっぷりとした大きなシルエットは存在感がありながらも、軽さのある薄手のデニムでとっても涼しげなのです。後ろ襟をちょっぴり引き上げるようにすると、首元にぬけ感が出て艶っぽいレディースコーデに。

さらに女性らしさをグッと引き出すロングスカートと合わせるならば、重くならない白などの明るい色味と合わせてくださいね。

 

デニムシャツ×ひざ丈スカートコーデ

4.デニムシャツ×カラーひざ丈スカートコーデ
出典:http://zozo.jp/

大きな胸ポケットと織りの確かさが見てとれるハードなテクスチャーに、ゆとりのあるサイズ感が魅力満載のボーイズライクなデニムシャツ。ついついCOOLに攻めちゃいそうですが、そんな激辛デニムシャツにこそひざ丈スカートを合わせて華奢な女の子の身体を引き立たせてくれるレディースコーデにしちゃいましょう~。

デニムシャツの存在感に負けないハッキリとした暖色系のふんわりスカートで女の子の強さと甘さをプラスしちゃってくださいね。

 

デニムシャツ×ボーダーコーデ

5.デニムシャツ×ボーダーコーデ
出典:http://wear.jp/

どんなスタイルにも馴染んでくれちゃうデニムシャツ。思い切ってマリンコーデに合わせちゃうのもオススメです。白のデッキシューズにボーダーのタイトスカートと、くたっとしたウォッシュ加工がゆるかわなデニムシャツのレディースコーデは、海辺でも街中でも全く違和感を感じさせません。

どうしてもボーダーって太く見えがちになっちゃいますが、濃い目の色味のボーダーをチョイスしたり、デニムシャツの裾を軽くボトムにインすることで引き締め&縦長ラインを意識するのがコーデのポイントです。

スポンサーリンク


デニムシャツ×チュールスカートコーデ

6.デニムシャツ×チュールスカートコーデ
出典:http://wear.jp/

細身のメンズデニムシャツもレディースコーデに取り入れちゃって!ふんわりタップリとした透け感がキュートなチュールスカートに合わせれば、甘辛コーデの完成です。

デニムシャツは肘上にギュッときつめにロールアップして、細めのブレスレットを合わせて、気になる二の腕をカバー。また、ボリューミーになりがちなチュールスカートには、ストライプを取り入れることで縦長効果が。どちらも、ほっそりと女性らしいラインを引きたててくれますよ。

 

デニムシャツ×デニムパンツコーデ

7.デニムシャツ×デニムパンツコーデ
出典:http://wear.jp/

コンパクトなシルエットが女性らしさを引きたてるデニムシャツには、ローウエストのタイトなデニムパンツを合わせれば、全体的なシルエットもバランスよく仕上がります。下半身を細く見せたいなら、ボトムに濃い色をもってきて。素材の質感に変化をつけるのもメリハリのついたコーデになるポイントです。

ただ上下でデニムにしちゃうと存在感がありすぎるので、胸元の大きく開いたり袖をロールアップして肌色を多めに見せたり、爽やかな白が眩しいスニーカーを合わせて重くなりすぎないように注意してくださいね。

 

デニムシャツ×ミモレ丈スカートコーデ

8.デニムシャツ×ミモレ丈スカートコーデ
出典:http://ameblo.jp/

どうしてもカジュアルな印象の強いデニムシャツですが、組み合わせ次第で上品なレディースコーデもできちゃうんです。

七分袖の落ち着いた色味のデニムシャツは胸ポケットもないシンプルなものをチョイス。シンプルな紺色のミモレ丈のフレアスカートを合わせれば、お互いの足りない部分を補いあって、カジュアルでありながら落ち着きのあるエレガントコーデに。

さらに差し色の赤いストールが華を添え、流行の靴下+パンプスもフェミニンな魅力をプラスしてくれています。

 

デニムシャツのワンピース風コーデ

9.デニムシャツのワンピース風コーデ
出典:http://ameblo.jp/

デニムとブーツの組み合わせは鉄板のコーデ。そこに遊び心がたっぷり詰め込んで、羽織りとしても大活躍してくれるロング丈のデニムシャツを、思い切ってワンピース風に着こなしてみちゃいました。

ハットとブーツは辛口モードでピリリと締めるのがおすすめ。ボタンは思い切ってウエストまで留めず、インナーのチョイスで自分らしさをアピールしてくださいね。デコルテと足を出すことで、カジュアルな中に女らしさのこぼれる艶めきレディースコーデです。

 

デニムシャツ×デニムスカートコーデ

10.デニムシャツ×デニムスカート
出典:http://thedownlowe.tumblr.com/

全く同じ素材のデニム生地で全身のレディースコーデって難しい? いえいえ、バランスとアイテム使いに注意すれば、あっという間に上級者コーデになっちゃいますよ!上が重めのデニムシャツなら、ボトムはミニスカートで軽~くしちゃいましょう。

そこにアイテムを持ってくるなら、おすすめなのはニットの帽子と大きなリュック。コーデに活き活きとした可愛らしさをプラスしてくれます。さらにニット帽とリュックは上半身に視線を惹きつけてくれるので、足のラインに自信がなくってもノープロブレムなのです♪

 

デニムシャツ×ガウチョパンツコーデ

11.デニムシャツ×ガウチョパンツコーデ
出典:http://wear.jp/

デニムシャツにガウチョパンツって、カジュアル&リラックスしすぎてユル~い感じになっちゃいがち。でも、濃い色味のデニムシャツに渋可愛いカーキ色のガウチョパンツの組み合わせにすれば落ち着いた印象になりますよ。

ただ、ちょっと重すぎるので、差し色に白をセレクト。差し色に使うアイテムはガウチョパンツに鉄板のパナマ風ハットに、フェミニンな細いベルトとローファーをチョイス。全体の印象を軽くしながらも清楚さをプラスし、落ち着きのある大人の女性を演出してくれます。

スポンサーリンク


レディースにおすすめのデニムシャツを紹介

どんなアイテムにも合わせることのできるデニムシャツですが、デザインや色味などなど実に多彩! どれを選べば良いのか、本当に迷っちゃいますよね。

という訳で、特に使いやすい5つのおすすめのデニムシャツをご紹介しちゃいます。

 

ヴィンテージライクなデニムシャツ

ヴィンテージライクな質感はとっても柔らかで肌馴染みの良さは抜群! また、女性らしいラインを意識しながらも、甘くなり過ぎないデザインが人気を集める一枚です。

フェミニンなフレアスカートに合わせてもカジュアルなスエットスカートに合わせても邪魔することなく、どんなアイテムもさりげなくスタイルアップしてくれます。中でもトラッド柄との組み合わせは、相反する立ち位置でありながら、お互いの魅力を引きたてる最強のコーデを生みだしてくれます。

 

ユーズド感がおしゃれなデニムシャツ

デニムって、長く人と寄りそってゆける暖かみのある素材というのも魅力のひとつですよね。ヴィンテージにビックリするほどお値段がついたり、わざわざウォッシュ加工をしてわざとユーズド感を出すことを好まれるアイテムなんてデニム以外にそうはありません。そんな暖かみのあるユーズド感溢れるデニムシャツは、コーデに困ったら頼りたい一枚ではないでしょうか。

ゆったりメンズライクにも、コンパクトにも着られるサイズ展開も魅力です。

 

コットン100%で着心地抜群なデニムシャツ

大人っぽさの中にも甘さのあるデニムシャツは、着心地にもこだわった一枚。コットン100%のデニムシャツはとっても柔らかくて着心地抜群です。さらに、吸湿性が高いのに加えて通気性も良いので、汗を素早く吸い取って発散! さらりとした肌触りが長続きしてくれます。キャミやタンクトップの上から直接はおってもベタつかず、快適です。

ムラのないキレイな色味なので、白やベージュ系のコーディネートや単色のマキシワンピなどに差し色として使ってみるのもおすすめです。

 

はおりとしても使いやすい優等生デニムシャツ

ガーリーなロングフレアスカートにメンズライクなカーゴパンツなどなど、クローゼットに色んなアイテムが溢れているオシャレ大好きさんにおすすめ!

ボーイッシュにもトラディショナルにも、フェミニンにも合わせられる嫌味のない万能デニムシャツです。細く見せたいところは色を残し、胸や肩などキレイにみせたりラインにウォッシュ加工を施しているので、はおりとしても使いやすいユッタリ感を保ちつつもスタイルアップも忘れない、本当に至れり尽くせりの優等生デニムシャツです。

 

柔らかく重ね着しやすいデニムシャツ

ゆったりメンズライクなデニムシャツは、Tシャツなどの上にはおって腰回りをカバーできちゃうのが嬉しいですよね! その上、シルエットがスッキリとした柔らか素材のデニムシャツときたら押さえておいて間違いはない無敵の一枚!

ボトムにINしても、シャツの上にセーターを重ね着しても中でゴワゴワしたりモタついたりせず、スマートにコーデできちゃいます。また、大き目のエリが顔をスッキリ小顔にみせてくれるのも魅力。一年を通して大活躍してくれる一枚です!


まとめ

色味は少ないながらも、コーデの多彩さや着続けるほどに愛着の湧く表情の豊かさを見ていると、何故デニムという素材がこんなにも長く愛され続けるのか納得できちゃいますね。

ベーシックなデザインのデニムシャツは持っていて損はありません。カジュアルすぎると避けていた方も、ぜひ自分のスタイルに取り入れてみて下さいね。

人気の記事